Menu

女性は男性が多い業界への応募を応募条件が理由で避けるのか?

7

昔から輸送や建設などの業界は男性が支配してきました。時代がゆっくりと変化する中、女性は、こうした業界の応募条件に記載された質問やスキルが理由で応募を考え直しているのでしょうか?

従来、男性が支配していた業界では、応募条件として関連する職務経験の有無が問われるため、女性が応募を避ける可能性があることが明らかになっています。こうした業界でこれまで女性労働者が不足していたという事実は、女性が男性と対等に活躍できないことを意味するのでしょうか?

応募条件に制約がある場合、こうした従来の男性支配の業界への女性の進出を制限することになります。その結果、女性の視点や洞察力が欠如します。

もちろん、人種や宗教、年齢などの繊細な質問に関しては非特定扱いにされることが多いです。しかし、性別はどうでしょう?非特定の質問にすべきでしょうか?それとも、そもそも尋ねるべきではないのでしょうか?業種に関わりなく、職務をこなせる能力があることを証明できれば性別は無関係なのでしょうか?

こうした特定の業界においては、関連する特殊な職務経験が応募条件として記載されていることが多く、これによって多くの女性が自動的に除外されてしまいます。そうではなく、他業種でも通用するスキルが問われるべきなのでしょうか?それとも、シナリオに対する提案を求めるべきでしょうか?採用プロセスがより多様化されることで、こうした昔から男性が多い業界に女性が平等に進出できる機会が得られ、今後大いに必要となる変化が生まれ、企業がより多様な才能に恵まれます。また、こうした変化は非常に容易に作り出せます。

今では応募はオンラインで行われる場合がほとんどなので、性別を問わず優秀な人材を見つける機会を非常に簡単に得られます。性別が非特定な応募条件、つまりこうした特殊な職業や業界における過去の経験の有無で振り分けないようにすることが、ますます早急に求められています。

このような変化を生み出すことで、こうした業界の企業はより効率良く効果的に機能でき、特殊な職業に関連したスキルだけではなく、多様な能力を持つ人材を雇用することが可能になります。男女平等な職場環境を築くことで、バランスが取れるだけではなく生産性も向上します。