Menu

人工知能がいかに人材採用方法を改善できるか

0
robot-2740075_960_720

人工知能(AI)は、今日の世界において最も議論されている話題の一つです。多くの人々が、人工知能によって産業革命が起き、かつてないほど効率性と収益性が高まるだろう考えています。人工知能により革命が起き、向上し得る分野の一つは、人材採用または人事です。

しかし、人事などの分野で働く人の多くは、AIの導入により、多くの職業において人間が不要になる可能性があることから、現在の職を失うことを危惧しています。MIT Technology Reviewのアジア太平洋地域に関する研究論文によると、人事幹部の70%が、今後数年間において、AIやロボット工学により雇用数が大幅に激減するだろうと考えているといいます。こうした見解は、人材採用担当者や人事管理者によって共有されたものではなく、人事分野においてAIやロボット工学が利用されることで、より戦略的で幅広い生産性管理の役割を果たすだろうと感じているためです。

人事分野において、人工知能を利用して、従業員や候補者のニーズに焦点を当て、様々な事業の求人を埋めることができます。AIが多くの人手を要する事務作業をサポートでき、その結果、従業員のニーズにより焦点を当てられることから、従業員全員に対する取り組みを向上できる可能性があります。

例えば、AIの導入により、企業コーティングやキャリア開発プログラムを全従業員に対して行い、より優秀で効率性や生産性の高い社員を育成して、企業の利益を高められます。また、AIを利用して、給与に関する情報や健康保険の適用範囲、休暇など、従業員のよくある質問に対して、メールやチャット、VR会議室で手軽に回答することも可能です。

AIから恩恵を受けるのは現職の従業員だけではありません。候補者を求人応募の前後において選抜するのに役立ちます。候補者は、AIツールやチャットボックスでの対話を通じて、職務に関する一般的な質問に回答しながら、この「面談」中にフィードバックや質問をすることもできます。AIの利用によって、管理者や幹部者は、企業に最適な候補者をより迅速に選出できるのです。

さらに、AIによって候補者とのコミュニケーションも向上できます。なぜなら、候補者の半分が、オンラインの求人広告やキャリアサイトで応募した後、企業から連絡やフィードバックを受けていないためです。AIの利用で、典型的な自動メッセージや自動メールよりも、はるかに一人ひとりの候補者に特化した対話が可能で、人材採用活動にAIを利用することで、個人を尊重し、一人ひとりの希望や意見を重んじていることを候補者に示すことができるのです。

 

 

 

Leave a Reply