Menu

チャットボットが人材募集分野に与える影響

0
37530935671_5300c06516_o

今日、チャットボットは、デジタルマーケティング、小売り、人材募集/人事を含め、数多くの分野で利用されています。チャットボットは、メッセージングインターフェイスを用いたソフトウェアプログラムで、商品の購入、現在の気象状況の報告、会議の日時設定など、幅広い業務を遂行します。様々な反復作業を人間よりも効率良く自動的に処理でき、人間はチャットボットが(まだ)処理できない具体的かつ集中的な作業により集中できます。

人材募集に関しては、チャットボットは、自然言語処理(NLP)と人工知能(AI)を利用して、特に候補者の職歴や教育資格、課外活動などのかつて紙の履歴書で確認していた評価事項をはじめ、候補者を評価します。また、企業の使命、目的、利益、文化、方針に関する候補者の質問に対して回答することもできます。中には人材採用プロセスの最大75%を自動化できるチャットボットもあり、管理者や幹部者は、募集・採用プロセスをすべて人が行う場合に比べて、より数多くの人材をより素早く評価でき、優秀な人材を発掘できる機会が多いです。

さらに、チャットボットは、候補者が求人に対して本当に相乗効果があり魅力ある人材か否かを見極めるのにも役立ちます。これは、多くの管理者が候補者に対して求める資質です。チャットボットに質問をした候補者は、300%以上の確率で管理者や採用担当者から連絡を受けるでしょう。

チャットボットの人材採用プロセスにおけるその他の利点は、採用プロセスにおいて候補者に関する情報を自動的に更新できることから、企業と候補者の関係性を継続するために人が介入する必要がない点です。これによって、候補者との関係性をより良く維持できるため、競合企業に優秀な人材を奪われる可能性を減らせます。

チャットボットは、候補者の前職や職歴、教育資格、課外活動とその動機などを数値でランク付けでき、管理者や幹部者が、さらに深く候補者を比較して企業に最適な人材を見極められます。

人材募集・雇用にチャットボットを利用することで、他の作業により集中できる他、人事採用部門の人材の数を削減することも可能です。とりわけ、チャットボットは、休暇や健康保険をはじめ、従業員が期待する福利厚生を求めないことから、効率性や費用対効果を高めることもできるのです。

Leave a Reply