Menu

日本の自動運転車責任法

0
Uber_autonomous_vehicle_prototype_testing_in_San_Francisco

今日、自動運転車と人工知能(AI)が絶えず話題になっています。UberやLyftなどの企業は、 近い将来、自動運転車によるサービス提供を目指して技術的な研究を続けています。フォードやGM などの伝統的な自動車メーカーやテスラなどの新しい自動車メーカーまでもが、今後の自動車モデルの販売促進に向けたこうした技術の利用性を確かめるための実験を行っています。

自動運転車に関する懸念の一つに、自動運転車が人や物にぶつかった場合、誰がその責任を負うかということがあります。自動車メーカーやテクノロジー企業、政治家、消費者などをはじめ、多くの人々がこうした疑問を抱いています。

日本政府は、自動運転車による事故について、その所有者に責任を負わせる方針を発表し、こうした疑問に対する態度をすでに明らかにしていて、2019年にもこれを法律に導入する予定です。日本政府は、自動運転車の普及に先駆けて、この法的枠組みの確立を目指していて、アナリストや専門家の一部は、2020年代前半にこれが実現されるだろうと考えています。 

この法案に関して留意すべき重要な点は、「レベル3の自動運転車」による事故までがドライバーが乗車している場合と同様にカバーされることで、ドラーバーが不在の車両を含め、レベル4やレベル5の自動運転車には適用されません。こうしたレベルをカバーする規制は後に制定されることが予想されています。

一般に、レベル1~3の自動運転車の事故については、その所有者が賠償責任を負うことが規制によって定められていて、その費用は政府が義務付けている自動車保険によってカバーされます。唯一の例外は、自動運転車に明らかな欠陥がある場合で、この場合は、自動車メーカーが事故の責任を負います。今後、保険会社が事故の際の保険の適用を希望している自動運転車の所有者のための保険プランのオプションを定めることが見込まれます。

自動運転車が日本の車道での走行を許可されるためには、現在地や速度、運転状況、ステアリングを記録できるシステムが必要です。自動運転車のシステムのハッキングに関して言えば、その所有者がシステムを更新し続けている限り(セキュリティプロトコルを含む)、事故が起こった場合、自動運転車以外の車両が盗難に遭った際と同様に扱われます。

日本が自動運転車に関して取り組むべき課題は未だにあります。刑事責任はまだ確定されていなく、自動運転車の 人工知能を開発している自動車メーカーやテクノロジー企業は、こうした車両を日本の車道で走行させる前に、刑事責任の枠組みについて知ることを求めているようです。また、サイバーセキュリティ、速度制限、運転時間、気象条件など、決定すべき点があり、日本政府は今年の夏にこうした課題に取り組むことが期待されています。

 

 

 

 

Leave a Reply