Menu

東芝の不正会計問題から学ぶべき人材採用の教訓

0
800px-Toshiba_logo.svg

東芝の2008~2015年にわたる不正会計処理が報告され、この日本有数の企業は財政と評判に大きなダメージを受けました。同社の代表取締役社長が、東芝の30~12憶ドルの利益過大計上を知った後に辞任した他、元最高経営責任者2名を含めた管理者8名も辞職しました。過去数年間、同社は、アメリカの消費者向けノートパソコン市場から大幅に撤退し、主流の衛星回線やゲーム専用のQosmio回線を含めた最も人気のノートパソコンモデルの一部を廃止しました。また、このスキャンダルの結果、メモリーチップ事業やビジュアルソリューション事業を含め、資産の一部の清算を余儀なくされました。

このスキャンダルから学ぶべき教訓は多くあります。東芝の不正会計問題が起こった理由の一つは、多くの社員が同社の利益やいかなる手段を講じてでも会社の面子を立てる経営姿勢に対して懸念を示していたことです。また、社員が最高経営責任者の決定に対して異議を唱えられなかったことや最高経営責任者が社員に数字の改ざんを促し、同社の利益を過大計上していたことも理由の一部です。社員がより責任や信頼性を重視していたら、こうした事態が起きた時点でスキャンダルを防ぎ、金銭面と評判の両方において同社ブランドへのダメージを軽減していたでしょう。

もう一つの学ぶべき教訓は、社員に対して善い行いを奨励すべきだということです。社員が顧客の利益のために尽力している場合、こうした行いを認めて賞賛すべきです。顧客が損失を受けた場合や契約の法的条件によって混乱した際に、状況の改善や状況を明確にするために努力している社員は、リーダー職に昇進されるべきです。なぜなら、これによって企業の経営や評判がより安定するためです。

特に競争が激化し、ソーシャルメディアを通じて情報が飛び交う世界において、企業の評判や信頼性は、成功に欠かせません。有名なバークシャー・ハサウェイのウォーレン・バフェット最高経営責任者(CEO)が「名声を築くのには20年かかるが、崩すのには5分とかからない」と述べましたが、まさにこの言葉通りなのです。

 

 

 

 

 

 

Leave a Reply