Menu

今後の求人募集の行方は?

0
2

毎年、テクノロジーがより速いペースで進歩するにつれて、企業の経営手段も同じ速度で変化しています。この先、年月とともに確実に変化するものの一つは、採用活動です。

自動化が生産の形を変えるのであれば、テクノロジーが人材の発掘や採用、維持の手段を変えるでしょう。仕事の進め方からコミュニケーションの取り方までのあらゆる面において、テクノロジーが関与しています。

以下は、採用プロセスにおいて今後数年の間に起こり得る主な変化です。

面接のデジタル化-Skypeなどのビデオ会議により、より気軽かつ遠隔的に面接が行われるでしょう。

応募者追跡システムが不可欠になる-応募者追跡システムによる応募者に関するデータや詳細情報の保管が、採用活動やあらゆるプロセスの合理化の鍵になるでしょう。

履歴書は時代遅れになる-従来の履歴書によるアピールよりもデジタルフットプリントが好まれ、雇用者は電子履歴書を確認するようになるでしょう。

ソーシャルメディアの求人-通常の求人広告がなくならない一方で、ソーシャルメディアの求人情報が増加するでしょう。この一例として、LinkedInやFacebookの求人掲示板があります。

リモート勤務者の増加-今後数年において、オンライン通信手段を用いて勤務先とやり取りしながら遠隔的に勤務する従業員の数がはるかに増えるでしょう。こうした従業員はフリーランスとは違い、企業の被雇用者であり自営業者ではありません。

以上5つは、採用プロセスにおいて、年の経過とともに変化が予測される点の一部に過ぎません。テクノロジーにより採用活動が変わり、はるかに容易に優秀な人材が発掘され、その結果、企業の質が向上するでしょう。

 

Leave a Reply