Menu

効果的なコンプリクト・マネジメントとは?

0
1

人事の立場において、従業員の対立への対処ほど困難なことはないでしょう。対立が行き過ぎると、従業員全体に大混乱と道徳水準の低下を招きかねません。そして最終的に、生産性の低下につながり、組織内に不調和が生まれます。

いかにして対立を発生源で効率良く管理するかを知ることは、あらゆる企業の人事の方針および手順において重要な点です。

効果的なコンプリクト・マネジメントとはどのようなもの?

従業員は、問題が発生した時にいつでも上司に相談できることを知る必要があります。中には、他の従業員との間で問題が発生した際にそれを上司に相談するのはまるで「告げ口」のようだと考え、上司に相談することを嫌がる従業員もいます。これを回避する最善の方法は、従業員が自力で対立に対処できないことに気づいた際に従える方針や手順を適切に定めることです。

効果的なコンプリクト・マネジメントには以下が含まれます:

・傍観しない

・双方に対して敬意をもって落ち着いて対応する

・個人的な見解を超えた事実に耳を傾ける

・常に企業の福利を中心に考える

・対立が従業員の士気に直接影響することを理解する

・双方に対して必要と思われるカウンセリングやサポートを提供する

・双方に対してさらなる苦痛を与えずに穏便に問題を解決できる

コンプリクト・マネジメントには、熟考を要する場面が多く、人事部はこの中枢の源として機能しなければなりません。これに関しては、人事スタッフが当事者双方の感情が高まりつつある際に、中立な立場で落ち着いて対処し、理性の声を放つための訓練が必要です。もちろん、コンプリクト・マネジメントは、両当事者の健康福祉を念頭に置きながらしっかりと問題を解決することでもありますが、組織の成功と将来の成長も意味します。

 

 

Leave a Reply